2017年05月31日

低血糖?

一年程前会社で、急に低血糖のような症状が出てなかなか改善せず、早退しました。

公共交通機関で通勤しているので、家が近所の先輩に自宅まで車で送っていただきました。

その車内で、実は度々低血糖のようになることがあり、原因は良くわからないが糖分を摂ればすぐに治まることなどを話しました。

するとその先輩は非常に心配性だったらしく、明日出勤前に病院に行ってきなさいよ、と言うのです。(翌日の出勤はお昼からでした)

私にとっては対処法のわかっていることで病院に行くのがもったいなく感じられ、あまり乗り気じゃない返事をしました。

ジュースを飲めば良いとか、越してきてから病院の世話になっていないのでどこに行くべきかわからないとか、言っていたと思います。

すると先輩は自身の持病の通院で使っている近所の病院を紹介してくれました。

そこはたまに利用している内科のある駅前クリニックで、院内は綺麗でスタッフは愛想の良いし専門医が診療科目別に居るということでした。

先輩は長く通っているため、予約の有無や朝の混雑状況まで事細かに教えてくれ、そこまで聞いたなら折角だし、と翌日の朝一番で病院へ向かいました。

聞いた通り、明るい院内とほがらかな女性看護師と先生でした。

私の診察自体はすぐに終わりましたが、次回に血糖値の検査をすることになり、こんな些細なことでも検査してもらえるものなんだなと感心しました。
posted by のん at 22:15| 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月17日

アイキララ

はじまりはお正月の旅行で会社の同期のOL数人と温泉旅行になった時の事です。

「ちょ!クマ結構すごいね」とお風呂上りのすっぴんを笑われたことでした。

そうです。私はくまがひどくて普段目の周りはかなり気合を入れてメイクで隠しているのですが、普段の特殊メイクwの腕が良かったおかげで初めてスッピンを見た人はそのギャップに指摘せざるをえないのです。

実家に帰ると逆に「あ、クマ無くなったねw」って言われますが、そっちが偽物の私ですからっ

それからフェイスケアを思いっきり強化して手に入るあらゆる化粧品や対策グッズを使ってやろうと思いました。

それでだめなら一生メイクしたままで生きていこうと思いました。

ネットで調べたり本を読んだりした結果、目の下のクマの対策は基本的にはアンチエイジング系のコスメに効果があるものが多いようです。

まあ、色素の沈着と目の周りの脂肪が痩せているのを元に戻すのですから、それもうなずけます。

また、専用コスメというものも見つけて、3か月ほど続けてかなり聞いたと思ったのがアイキララというクマ対策のクリームでした。

注射器のような形をしていて、気になる部分にチューッと塗り込むことができて便利です。

あとは肌荒れ対策ですね。

目の下を気にするあまりアイメイクをかなりコッテリしていた事もあってか、肌荒れが進んで余計に目の周辺の素肌がくすんでしまっていたので、本当に悪循環だったなぁと思いました。

いつもこの時期は、夏に向けてダイエットでアタフタとしているのですが、今年はフェイスケアを夢中になっているうちに肌に良い食生活などかなり健康的な生活を送ってきました。

おかげで体脂肪率が落ちるといううれしい誤算がありました。
ラベル:目のクマ
posted by のん at 00:15| 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月29日

口の渇きと虫歯

滅多に行くことのなかった歯医者に年中通うことになったのは、喉のリンパ腫瘍放射線治療で唾液腺を焼ききってからです。

リンパ腫瘍は無事消滅したのですが、唾液腺を焼ききったことが非常に煩わしい後遺症として数年残りました。唾液が全く出なくり、食べ物が飲み込めない、味がしない、口臭が激しくなる、そして口内細菌の影響による虫歯の急激な増加…何度通ってもすぐ他の箇所が虫歯になってしまうのです。

女子としては口臭が一番悩みの種でしたね...。

また治療中も非常に不快な状態でした。

頻繁にうがいをしないと口がすぐ乾いてむせてしまうので、歯医者さんのやりづらさも相当なものだったと思います。

ある時、越谷の歯医者さんから唾液の出にくい時の対処法とアドバイスを受け、実践してみたところ効果がありました。

ごく微量ずつですが、口に何かを含んでいると唾液が出るのです。

今では唾液腺はほぼ回復しましたが、この時の経験から歯ブラシを毎日取り替えるのが習慣になりました。

もったいないようですが、通販でセット品を買えば大した金額にはなりません。

いつも使っている歯ブラシを、インターネットの卸売サイトでたくさん購入しました。

使い始めの歯ブラシはかなり綺麗に磨けます。

ずっと新品歯ブラシの状態で歯を磨く、虫歯だらけになった歯は元には戻りませんが、この方法で今後は虫歯を確実に防ぎたいと思います。
ラベル:歯医者
posted by のん at 23:11| 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする