2015年04月03日

姉のマイホーム

姉の家は新築するときに、住宅メーカーの営業さんに外壁を磁器タイルにすることを強くすすめられました。

外壁を磁器タイルにすると建築費用の坪単価が10万円も高くなるのですが、長い目でみたら高い買い物ではないと言われました。

外壁を磁器タイルにするとメンテナンスの手間が掛からないというのです。

他の壁は、10年ぐらいに1度塗装の塗り直しのメンテナンスが必要で、その費用が足場代が結構かるので軽く100万円はするといわれました。

なるほどと思いながらも半信半疑。
色々な展示場で実際にタイルの色を確かめて、気に入った色があったのでタイルの外壁にすることにしました。

なにせその色を選んだのが当時学生だった私なのです

建ててから15年たちますが、白かった外壁はうっすらと汚れて雨水が垂れるところには、水の流れた後が黒いスジになってついています。

いくつかクラックも見えるようになり、まあ、5年長く持ったのだからいいかと姉も言っていました。

その後、外壁塗装の業者さんに見積もりを取ったところ、43万円で済むことがわかりました。

もちろん専門店だから安かったという事もありますが、この15年の間に塗装技術とコストもずいぶん変わったのでしょう。
posted by のん at 00:00| お金の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする