2014年07月14日

ゴミ処理とお金の話

業務柄、産業廃棄物も多くごみの仕分け処理にも非協力的な社員も多くて、コンテナの中に仕分けせずに捨てるスタイルを取っていました。

当然のことですが、一ヶ月のゴミ処理代金には数万円が必要です。とても「ごみ」に使う経費とは思えません。

そんなある日、一人の営業マンが「○○さんの会社は、△△という所へごみの回収を依頼しているらしいです。処理代金は一ヶ月で6千円だと聞いてきました。」
社員一同、頭から水をかぶせられた思いがしました。

そして、全員で一致団結をしました。
燃やせるごみ、プラスチックごみ、再生できる紙類と各ごみ箱の前には啓発用の一言も書いて貼ってあります。

不思議なことに、ものすごく小さなことなのですが、良いことをしてるんだという気持ちが一人一人に芽生えると、連鎖していくものなのですね。

出入りしている外注さんや、業者さんたちも巻き込んでの大きな変化につながりました。

あれから5年が過ぎようとしていますが、最初の頃に比べると、ごみに対する意識は少々関心が薄らいだ様にも思えます。

それでも、一つの事がきっかけで経費を大幅に削減できた事は紛れもない事実ですし、自分たちの意識を変えることができたと言う経験は何ものにも変えることはできないと思います。

これからも、地球環境のために小さな積み重ねをしていきたいと思います。
posted by のん at 00:00| お金の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする